公益財団法人島根県環境保健公社は、島根県民の健康の増進と生活環境の保全に寄与することを目的として各種事業に取り組んでいます。
ホーム 健康診断・人間ドック 環境・食品検査 当公社について

がん征圧月間

毎年 9 月はがん征圧月間です !

平成 29 年度 がん征圧月間活動

2017 年度全国統一がん征圧スローガン

『継続が   予防につながる がん検診』

がん征圧月間とは ?

日本では年間で 36 万人もの人が " がん " で亡くなっています。
亡くなる日本人の 3 人に 1 人が " がん " で亡くなっています。
日本人の 2 人に 1 人は、生涯に一度は " がん " になると言われています。

がんの発見が遅れてしまった場合、" がん " に罹患した本人は辛い思いをします。
それだけでなく、家族や大切な人達も同じようにとても辛い思いをします。
しかし、" がん " は一概に怖い病気とは言えません。早期に発見し治療を行えば、治療も軽くてすみ、短期間で日常生活を送れるようになる可能性が高くなっています。
このような中、毎年 9 月は「がん征圧月間」(日本対がん協会、日本医師会共催) とし、全国各地でがん予防・がん検診受診の呼びかけや、啓発のための行事が繰り広げられます。
島根県環境保健公社も公益財団法人日本対がん協会島根県支部として " がん " に関する予防知識の普及啓発、がん征圧事業などを行っています。

がんの危険信号 8 ヶ条

がんは無症状のうちに芽生えます。とくに胃・子宮・乳房・肺・大腸などは、年 1 回検診を受けましょう。次のような症状があったら、直ちに専門医に診てもらいましょう。

胃・・・・・・・胃の具合が悪く、食欲がなく、好みが変わったりしないか。
子宮・・・・・おりものや、不正出血はないか。
乳房・・・・・乳房の中にシコリはないか。
食道・・・・・飲み込むときに、つかえることはないか。
大腸・・・・・便に血や粘液が混じったりしないか。
肺・・・・・・・咳が続いたり、痰に血が混じったりしないか。
咽頭・・・・声がかすれたりしないか。
舌、皮膚・・・治りにくい潰瘍はないか。
腎臓、膀胱、前立腺・・・・・尿の出がわるかったり、血が混じったりしないか。
(日本対がん協会制定)

がんを防ぐための 12 ヶ条