公益財団法人島根県環境保健公社は、島根県民の健康の増進と生活環境の保全に寄与することを目的として各種事業に取り組んでいます。
ホーム 健康診断・人間ドック 環境・食品検査 当公社について

臨床検査

ノロウイルス (便) 検査について

(平成 20 年 6 月 18 日付食安発第 0618005 号)
大量調理施設衛生管理マニュアルの改訂に伴い、必要に応じ 10 月~ 3 月にノロウイルス検査を実施するように変更になりました。

冬場に発生する食中毒、感染性胃腸炎の主な原因です。
ウィルスに感染して、発症するまで 24 ~ 48 時間かかります。
主な症状は、吐き気、嘔吐、下痢、発熱、腹痛です。
感染後、ウィルスが便の中に、2 週間前後出てきますので、気をつけてください。
ノロウィルス感染者の糞便、1 グラムあたりに数億個のウィルスがいます。
ヒトだけに感染し、ヒトの小腸でのみ増殖します。

ほとんどが経口感染
◆ノロウィルス感染者の糞便や嘔吐物から、ヒトの手などを介して、二次感染した場合
◆食品流通過程で汚染された食品を食べた場合
◆ノロウィルスに汚染された二枚貝を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合
◆ノロウィルスに感染しても発症しない (不顕性感染者) 例も多く、ウィルス量が多い方もいます。

検査方法 (遺伝子検査法 : LAMP 法)

・遺伝子増幅法で高感度検出
・低コストを実現
・一定温度 (63 ℃) 下で増幅から検出までを 1 ステップで実施可能
・検査に要する所要時間 (0.5 日程度) ⇒ 迅速

※御要望に応じ、抗原抗体法 (イムノクロマト法) も実施しておりますが遺伝子検査法と比べ検出感度は劣ります。

お問い合わせ

公益財団法人 島根県環境保健公社
〒 690-0012
島根県松江市古志原 1 丁目 4 番 6 号
TEL. 0852-24-0208 (直通) / FAX. 0852-24-1003
【担当】 臨床検査課