検索

当法人内コンピュータのウイルス感染(Emotet)とそれを発端にした関係者への不審メール発生に関するお詫びとご報告

2022年03月28日(月)、当法人内コンピュータがウイルス(Emotet)に感染し、不審メールが社内外に送信されていることが判明しました。
関係各位にご迷惑をおかけしており、お詫び申し上げます。

なお、重要なデータについては、漏えいや破壊などの行為を受けていないことを確認してあります。

 


関係各位へのお願い

 

当法人職員を名乗るメールを受信し、かつ添付ファイルが付いている場合、メールアドレスをご確認ください。当法人の職員が業務用に使っているメールは、「****@kanhokou.or.jp」を利用しております。

「@kanhokou.or.jp」以外のドメインのメールにつきましては、メールを開封せず、また開封した場合でも添付ファイルを開かずに、メールそのものを削除いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。

偽装メールと判別しにくいものとなっている場合がございますので、ご注意いただきますようお願い申し上げます。

 

不審メールには、エクセルファイルやパスワード付きzip ファイルが添付されるパターンが多く見受けられます。
パスワード付zipファイルの場合、一般的なメールサーバ上のウイルス対策では防げないためご注意ください。 


「Emotet」の詳細につきましては、下記「JPCERT/CC」サイトをご覧ください。

◆マルウェア Emotet の感染拡大および新たな攻撃手法について


https://www.jpcert.or.jp/newsflash/2020090401.html

 

◆上記からリンクされている「マルウエアEmotet への対応FAQ」

 

 ※2019 年10 月以降のEmotet に感染するWord ファイルの表示例の紹介と共に、チェックツールの説明があり、ダウンロードできるようになっています。

 

https://blogs.jpcert.or.jp/ja/2019/12/emotetfaq.html

 

 

 

 

令和4年3月28日        

公益財団法人島根県環境保健公社

理事長 吉川敏彦